中古財布で金運下げたくない【簡単】な浄化法とは

財布は欲しいデザインが入手困難だったりタイミングが合わなくて、買いそびれてしまったけど、メルカリやヤフオクで前から欲しかったり、気に入った財布が出品されていた!

予算も見合ってる、となると欲しくなりますね。

けれど中古財布となると

  • 前の持ち主が気になる
  • 人から人の手に渡っているので気持ち悪いなぁ
  • 金運が心配

不安で購入を迷ってしまいますよね。

それでも欲しいという時があるでしょう。購入を迷っている時は「浄化すれば大丈夫」と大らかな気分で決めてみてはいかがですか?

気に入ったということは「相性がいい」ということなので、持つだけでテンション上がったりしますよね。

今回は中古財布浄化法についてお伝えします。


中古財布を浄化するときに用意するもの《3つ》

  • あら塩(サラサラした食塩ではなく、あら塩)
  • 半紙(100均で売ってます)
  • 未使用の白い布(台所用ふきん、タオルなど)

中古財布の清め方

始めに半紙を正方形の形に切る

↓↓

半紙は長方形なので、このように折るとやりやすいです。

(ちょっと雑だけど)こんな感じです。正方形の大きさは何センチ(cm)でもOKです。

↓↓

↓↓

あら塩を指三本(人差し指、中指、親指)でひとつまみ。

これくらいの量が目安です。量は大きさの合わせて調節してくださいね。

塩をこぼさないように包みます。

↓↓

一番上の部分を折ります。念のため塩がこばれないか逆さにして確認してくださいね。

↓↓

出来上がったら財布の札入れのところに入れます。

↓↓

塩を入れる期間は、ご自身の感覚でOKです。翌日でもいいし一ヶ月後でも大丈夫です。期間が過ぎたら台所や洗面台で塩を流します。半紙はゴミ箱に捨てます。

↓↓

財布の表面に軽く塩をかけます。その後は白い布で丁寧に拭き取ります。皮革製品は特に水に弱いので白い布は水を含ませないで、乾拭きをしてくださいね。

拭き終わったら財布を両手に挟んで軽く「ポンッ」と音を鳴らす。強く叩いて鳴らさないように!

おしまい。

※ 参考情報出典:「金運革命」著者・佳川奈未(敬称略)
↓↓

 

できればホワイトセージ(薬草)が望ましい

あら塩を使った浄化法をご紹介しました。

十分に効果はありますが、できれば浄化にはホワイトセージが望ましいです。

毒性のないホワイトセージはヒーリングやヨガなどで、1000年前からネイティブ・アメリカンが自然と人は一体であると崇拝し住居や心身の浄化として親しまれてきました。

財布の浄化にはホワイトセージの葉を焚いて、表面と中にサッサッと煙をくぐらせます。その後は灰皿や耐熱皿で消火します。火の元には十分気を付けてくださいね。

ホワイトセージはお財布だけでなく、部屋やパワーストーンや貴金属の浄化にも役立ちます。「最近、何だかダルいな」と思う時にやってみるとリフレッシュ効果ありです。

財布の浄化に消毒液(エタノール)は厳禁!

浄化するとき消毒液(エタノール)を使用する人もいます。以前の私がそうでした(汗)革製品は型崩れや変色や臭いがしてきて残念なことになってしまいました。

合成皮革やPVC加工なら水に強いから大丈夫! と思いますが、コーティングが剥げてしまったり、痛みが早くきてしまったりと、消毒液とは相性が悪いです。

また日本酒も「お清め」として浄化に使われたりしますが、消毒液(エタノール)と同様にアルコール成分なので
さけたほうが無難です。

小梅小梅

買ったばかりの財布だったのにショックだったよ

すももすもも

結局は使わなくなっちゃったからね

さいごに

・中古財布を浄化するときに用意するもの《3つ》
・財布の浄化に消毒液(エタノール)は厳禁!

以上お伝えしました。

メルカリのいいね! が多かったりヤフオクの入札が多いものは人気のバロメーターになりますね。それだけ欲しがっている人がたくさんいます

人気あるところ=メルカリやヤフオクで売れてるのは需要があり人が集まるところなので金運アップ望めそうですね。(あくまでも個人的な感想です)

お金は人が運んできます。

人がたくさん集まる、というのはお金もたくさん集まると思っていますが、いかがでしょうか。

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

小梅小梅

それでは、また。

関連記事はこちら↓

> 財布の色と風水は金運アップに関係ない「財布好きの銭失い」が語る